悟りへの追求の果てに著者・斉藤啓一氏が至った境地とは??