野矢茂樹著「はじめて考えるときのように」の書評記事です。