岡本太郎氏の生き様に触れる。