カント倫理学研究の第一人者・中島義道氏の著作「悪について」の書評記事です。