写真:新潮社WEBサイト「考える人」より引用

はじめに

小林秀雄。

日本近代批評の創始者で、
「人生をいかに生きるべきか」を生涯のテーマとし、
芸術から哲学まで幅広い分野で論究されてきた偉人です。

今回ご紹介する本は「小林秀雄全作品」(新潮社)の中から珠玉の言葉を選び、作品発表順に配列した金言集となります。

金言集とはいえ、さくさくとページをめくっていける代物でもありません。
何度も立ち止まっては読み返し読み返しすることで、より心に響いてきます。

小林秀雄が考える「自己嫌悪」

では本書の中から、
一つ金言を御紹介します。

 

自己嫌悪」シンドロームに はまりきっている方いませんか〜。

私も時々引っかかります。

 

しかし小林にかかれば、

自己嫌悪とは自分への一種の甘え方だ、
最も逆説的な自己陶酔の形式だ

こんな感じであっさりと論破して頂けます。

 

その他、含蓄のある言葉ばかりですので、
どれか一つは気づきをもたらしてくれることと思います。

総 評

  • 読みやすさ
  • わかりやすさ
  • コスパ
  • 啓発度
  • 信頼性
  • 即効性
  • 実用度
4

総 評

結構、ぐさっと刺さる言葉が多い印象。
そういえば、茂木さんが好きですね、小林秀雄。

Sending
User Review
0(0 votes)

参考図書

小林秀雄という人物に馴染みがない方は、
「考えるヒント(文春文庫)」から読み始めると入りやすいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で空心をフォローしよう!