はじめに、今回も書評で

空心です。

さて、皆様まだまだ寒い寒い日が続きますが、
いかがお過ごしでしょうか?

私も外にはなるべく出ず、
引きこもり生活しています。

近況はそんなところで、
今回も書籍のレビューでもします。

Amazonでことのほかレビューがよかった臨死体験の本、
「喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと」を購入し読んでみました。

この本↓

本書のレビューの前に、
あくまでも私見ではありますが、
おおよそこのような方が読者対象となります。

こういう方におすすめ

  • 大病を患っている方
  • 人生に絶望している方
  • 恐れの原因を知りたい方

こんな方にはあまりおすすめでない

  • 左脳系スピリチュアルな方

一応、ご参考までにどうぞ。

本書のあらすじ(メイン部分)

anita1

末期癌を患っていた、著者であるアニータ・ムアジャーニが、病院内で危篤、そして臨死体験へと至ります。

臨死体験中は身体の痛みからも解放され、
アニータは時空を超えた世界の魅力に浸っていきます。

その解放感から、一度は「死」を選択するアニータでしたが、
既に亡くなっているはずの家族や知人と出会う中で、
「本当の自分」と向き合い、
自らがやり残した使命を思いだします。

結果的に、「生きる」ことを選んだアニータは、
生還後2〜3日にして癌が消えてしまうという奇跡を経験します。

ざっと、このようなストーリー展開で、
巻末には、アニータ・ムアジャーニの一問一答も掲載されています。

本書の感想、「病は気から」

463b864daf09025210d48db611821a12_s

病は気からといいますが、
ここまでくると確かに驚きですね。
プラシーボ効果の強力な実例といったところでしょうか。
同じ大病を患っている方も
本書の内容が身体的病いへの好アプローチとなるかもしれません。

気になった箇所、「過去も未来も変えられる」

アニータが臨死体験時において、

「医者の検査結果も自在に変えることができた」

という洞察の場面がでてきます。

つまり、「生きること」「死ぬこと」
どちらでも選択が可能だったというわけです。

このことからアニータは
過去も未来も決っていない、
過去も未来も変えることができる
、という主張に至るわけですが、
果たして真実はいかがなものでしょうか。

参考引用:
「過去も未来も流動体のように感じられました。(p268)」

読後談、「左脳系の人には合わないかも」

アニータの奇跡の治癒や臨死体験自体に疑いの余地はないですが、
「なぜ病が治ったのか」というアニータなりの洞察に関しては、今一歩説得力に欠ける印象です。

内的宇宙の構造や病の原因を、
スピリチュアル的に、かつ、理知的に深く追求したい方は
ルドルフ・シュタイナーダスカロスといった「左脳系スピリチュアル」な本がおすすめです。

如何せん、私自身が左脳系人間なもので。。

総 評

  • 読みやすさ
  • わかりやすさ
  • コスパ
  • 啓発度
  • 信頼性
  • 即効性
  • 実用度
3.6

総 評

ホメオスタシスを存分に発揮した症例ともいいましょうか、
同じ境遇にいらっしゃる方の励ましになるのでは。

Sending
User Review
0(0 votes)

番外、左脳系スピリチュアル参考

シュタイナーの本↓

ダスカロスの本↓

シュタイナー神秘学のおすすめサイト↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で空心をフォローしよう!